捻挫になったら無理をしない!

捻挫(ねんざ)を予防しよう!

捻挫の予防にはどんな事が役立つのか?

捻挫をしてしまう前に、予防をしていく事でも十分捻挫を回避していく事が可能です。身近な事から捻挫対策を始めてみませんか?捻挫してしまう部分で一番多いのが足首です。そのため、足首は特に捻挫対策が必要です。日頃から足首の関節をよく回すなどして、筋肉をほぐしておく事だけでも、十分捻挫対策となります。

 

サポーターも有効

もしも日常的に運動する機会が多い方でしたら、サポーターを膝に付けて運動すると、足首の捻挫を回避する事ができます。サポーターはインターネットからも安く購入する事ができますし、実際捻挫してしまった後もこのようなサポーターを巻いて治療に専念する事もできるので、一つあると大変便利です。

 

体操をする

体を動かす前には、必ず準備運動をしっかりとやりましょう。これはどのスポーツにおいても言える事ですが、準備運動をしっかりしないでスポーツを始めてしまうと、運動中に関節を痛めてしまう事が多くなります。できれば運動する機会が乏しい方も、毎日体操する事を習慣づけてみるといいでしょう。

 

関節を普段から柔らかく柔軟に保っておく事で、捻挫とは無縁の身体になっていきます。普段から体を動かす機会が少なく、間接や筋肉がかたい人ほど、捻挫を起こしやすくなります。これは、何らかの負荷や衝撃が走った時に、変なひねり方をしてしまう事が多いからです。体操を日常的に行い、関節を柔軟にしておけば、ひねってしまうような事があっても、関節が柔軟に曲がり、捻挫を防いでくれるのです。