捻挫になったら無理をしない!

どうして捻挫(ねんざ)の症状がおこるのか?

捻挫にも段階がある

皆さんは、捻挫した事はありますか?スポーツをよくやられている方でしたら、きっとご経験ある方も多いのではないでしょうか?捻挫は、すぐ治るものから、完治に時間がかかるものまでその重度によって治療期間は異なります。捻挫の重度には三段階があり、一度は軽度となり、三度では靭帯も痛めている事もあり、治りに時間がかかってしまうケースが多いです。ひねり具合によって、筋肉や腱、靭帯をひどく痛めてしまう事もあるのです。捻挫してしまった時には、まず自分がどのレベルの捻挫なのかを確認してから、適切な治療に励んでいくべきだと言えます。

 

PR■ 難病も根本から改善する長谷澄夫のクラニアルテクニックDVDの手技を身につける!

 

捻挫で痛みをこらえている女性

 

なぜ捻挫になってしまうのか

しかし、そもそもどうして捻挫になってしまうのでしょうか?捻挫は、運動をしている時に起こりやすいというイメージがありますが、それだけではなく、不慮の事故や転倒などからも捻挫してしまうケースもあります。多くの場合、指や足首をひねってしまう事で痛みが生じてしまう事が多く、関節がひどく痛んでしまう症状です。ひねって関節を痛める怪我の事を、総称して「捻挫」と呼ぶ事もあります。

 

人が運動したり動作をする上では、関節が自由に動かせなくてはいけません。しかし捻挫してしまう事で、関節の動きが不自由になってしまい、運動ができなくなってしまうだけではなく、治療が終わるまでは、普段の生活にも支障を来してしまう事もあるのです。痛みがひどく辛い時は我慢せずキチンとみてもらうようにしましょう。吉祥寺 整体では辛い痛みや症状を和らげて改善されると人気のようです。

 

とにかく安静にしている事が大切

運動好きな方でしたら、ちょっとくらい捻挫しただけでは、運動をぱったりと辞めない方もいらっしゃるかもしれませんが、捻挫をした時には、軽度であっても安静にしておくのが一番効果的なのです。特に捻挫初期の頃は、安静にして様子を見てみましょう。先日、母が捻挫をしたらしく、前からお世話になっている気功の先生にみてもらったようです。先生とお話をしているだけでも元気になれると言っていました。